1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

高松宮記念 事前検討

祝日なので珍しく週末の事前検討をしてみました。
 
ダノンスマッシュ VS モズスーパーフレア
との構図となりそうな今年の高松宮記念
 
考えられる決まり手としては、
1)モズが逃げきり、2番手追走するダノンがそのまま2着
2)モズが粘るところに、2番手追走のダノンが差し切り
3)モズが逃げきり、追走した馬は全滅。追込み馬が2着に突っ込む
4)モズは失速し、2番手追走のダノンが万全の体制で抜け出し
の4パターン。
人気馬のワンツーとなればいいのですが、
配当は低そうですし、両雄(モズは牝ですが・・)並び立たない
ことは多々あります。配当としては3)が一番美味しそうです。
 
そういった点を頭に置きながら
モズスーパーフレアの前5走を見てみます。
いずれも逃げで1着3回、2・3着が1回づつです。

逃げ切れなかったラピスラズリSとオパールS
それぞれ前半が34.0、33.4と、この馬としては
緩いラップでした。溜めて後続を惹きつけても
いざ直線に向いたときに突き放せず、
結果的に差されるようです。
 
ですので、中京の直線が長いからといって
溜めようとすると、むしろ交わされる可能性が
高まる気がします。
目一杯最初から飛ばしていくスタイル、
前3F33秒以下で行ってほしいところ。
・・・なんて言うのは、釈迦ならぬ武豊に説法、
でしょうね。
 
一方のダノンスマッシュ。
この馬は2番手集団で道中進みつつ直線抜け出す形が基本。
過去4走の中で唯一2着なのがキーンランドC
これはナックビーナスに上手く逃げられたもので
4F目が相当緩く、直線も短いコースですから
中京では参考外としてよさそうです。

この馬の懸念材料は持ち時計が1分8秒を切ってないこと。
ぶっ飛ばした場合、追走で一杯になる可能性も
捨てきれません。
前が壁になりそうなところに一瞬のスキを
突いて抜け出しており、蓋された分だけ時計がかかった
と考えれば、まだまだ時計は詰まりそうな気がします。
いつもどおり2番手あたりで追走すれば
前を捉えることが可能なのではないでしょうか。
 
というわけで、
追走できれば、という条件付で
モズが粘るところにダノンが差し切り、
を本線にしつつ保険で
モズ→差し追込み馬
ティーハーフ、ダイメイプリンセス、
 デアレガーロ、ペイシャフェリシタ、レッツゴードンキあたり)
という予想をします。
 
 
 
 
 
 
 
 

3/16-17の復習

先週は7戦2勝でした。
配当が大きめだったので収支はプラス!です。
馬連box多点買いを多用し始めてから
よい方向に向かってる気がします。
それでは復習です。
 

3/16(土)

阪神6R 3歳・芝500万

前半35.8とは激遅。ダートよりも遅い。
しかし6番ショウナンアリアナが
逃げ馬に併せていくことでペースアップ。
同馬が直線先頭に立つかに見えたが、
ここで後続の7番セプタリアンが抜け出して1着。
さらに追い込んできた3番タガノカルラらにも
抜かれショウナンアリアナは4着となったが、
積極的な競馬が光った。
セプタリアンは自在の競馬ができる感じなので
まだまだ上を目指せそう。
本命にした4番ロードワンダーは出遅れて終了。
後からパドック映像を見ると尻っ跳ねしてたので
走る前から勝負あったか。

 

中山7R ダ500万 [的中]

コーナーで緩むこともなく一本調子で失速する
ある意味見事なペース。
本来はゴール前で差し馬に一気に変わられる展開だと
思うのだが、ここを残して1着となった
1番ハルサカエと10番メールデゾレは力がある。
両馬とも次走も期待できそう。

 
 

阪神10R なにわS ダ1600万 [的中]

15番ヒロシゲゴールドが逃げ切り勝ち。
ラップタイムは2F目から5F目にかけてほぼ同じという
なかなかレアなラップ推移。
2F目までに競りかける馬が皆無だったことが
幸いした面もあろうが、強さを見せつけた。
 
これに追走した10番ロードエースは4着に終わったが、
真っ向勝負での結果だから評価したい。
2着は7番ニホンピロタイド。
13番テーオージーニアスが勢いよく追い込んで
きたところを差し返した。今後注目したい。
 

 

中京12R 恵那特別H ダ1000万 [予想せず]

2番ヤマニンレジスタの逃げ切り勝ち。
中京なのにコーナーで全く息を入れずに逃げまくり。
6F目がかかりすぎてグラフからはみ出すほどだが
リードが大きく追い込む各馬を凌ぎ切った。
15番ワンダーアマービレや4番スマートアルタイルは
自分の競馬はしたけれど、差し馬だから
順位は他力本願となってしまう。

 
 

3/17(日)

中京7R ダ500万・牝 [的中]

力上位だとは思ったが、休み明けのため
推し辛かった2頭でのワンツー。
ラップ推移としては中京の平均ど真ん中で
レースレベルとしては平凡だったか。
1着のグランドガールはここでは力が違った。
2着のヘルディンはパドックで入れ込んでいた分だけ
ひと伸びできなかったか。
前有利の展開のなか、7番ナイトスプライトは
中団から伸びて3着。馬の力というより、
もしかしたら斎藤Jが上手いのだろうか。
勝った亀田Jも斎藤Jも今春デビュー。

 

中山7R ダ500万

前半ペースを抑え、5F目に加速するラップなので
先行勢は上手くレースを運んだように見えたが
それ以上に差し馬が切れた。
5番スーパーアキラは前走前残りのなか唯一
追い込んだ馬だったが、今回も豪脚を見せて1着。
2着はコウギョウブライト。安定した走りを見せた。
先行できて軸として信頼できるタイプなので
次回はこの馬から行ってみたい。
 

 

阪神9R 山陽特別 芝1000万

9番ユアスイスイと1番ウインストラグルが
ハナを譲らず前半33.3のハイペース。
直線向くまで並走し力尽きるかと思ったら
ウインストラグルはそのままゴール板を駆け抜けた。
結果的に時計はそれなりにかかったが、
強い競馬だったのではないだろうか。
前走に続いて逃げ、短距離界の新星が
出現したかもしれない。もうちょっと早く
路線変更してれば3/24の中京を賑わせていたかも?
2着は5番ロイヤルメジャー。
よい位置で競馬が出来る馬は馬券になりやすい。
 

 

中山10R 千葉SH ダOP

15番シュウジ完勝。ダート適正があった模様。
16番ウインオスカーはこのレースを狙って来た
と思うが相手が悪かった。
一方、4番クイーンズテソーロは期待外れ。
まだ見限るには速いと思うが・・・

 

中京12R 豊橋特別 芝500万 [予想せず]

中京としては前半ペースが比較的早く、
結果的に追い込み馬のワンツーで決着。
元々有力馬は差し馬だったのでおあつらえ向きの展開だった。

 
 
 

3/17予想(中京7R、中山7R、阪神10R、中山10R)

本日の予想です。
 

中京7R ダ500万牝

・必要な持ち時計
 1''12'4程度。この水準の馬は不在。
 幅広に挙げれば2番クリノセゴビア
 5番グランドガールまで。レベル差はあまりない。
 
・レベルの異なる馬
 現級勝ち経験があるのは13番ヘルディン。
 10番デルマカシャーサはキャリア6戦目で
 まだ伸びしろがある可能性。
 
・逃げ馬、ペース
 近走逃げてる馬がいない。
 強いて言うなら14番ペイシャディアか、
 4番モンテルースか。スローとなりそう。
 
・有力馬など
 レベル差がないなら、各馬の評価を加えても
 馬券にはつながらなさそう。
 現級勝ち経験があり、1000万でも3着に入線した
 ことがある13番ヘルディンが軸候補になりうるが
 長期休み明けであてにしにくい。
 時計がある5番グランドガールも候補だが
 同じく休み明けで順調に使えてない様子。
 
・馬券
 先行できる馬から網をかけていく
 馬連box 3,4,5,10,13,14,16
 
 

中山7R ダ500万

・必要な持ち時計
 1''12'0程度。
 
・レベルの異なる馬
 2番メガポリゴンと4番ポップシンガーは現級勝ち。
 
・逃げ馬、ペース
 6番タイセイラピッシュが逃げるか。
 もしくは4番ポップシンガーかもしれない。
 いずれにせよ速くはならない。
 
・有力馬
△13番コウギョウブライト
 前走は2番手につけてそのまま2着。
 前半速かった割には前残りの競馬というのは、
 先行勢が強かったのだろうか。
 それとも追いかける馬が不甲斐なかったのか。
 
△9番スーパーアキラ
 コウギョウブライトが2着だったレースで唯一
 追い込んだ馬。末脚は光った。今回も展開次第。
 
〇4番ポップシンガー
 逃げるか2番手につけてそのまま残ることを想定。
 
・その他注目馬
◎14番エースロッカー
 前走は発馬直後に躓いて後方からの競馬となり、
 バックストレッチで押し上げたためか、
 直線伸びずに5着。スムーズだったら違ってたはず。
 
・馬券
 馬単馬連14→2,4,6,9,13
 ワイド4-14
 

阪神9R 山陽特別・芝1000万

・必要な持ち時計
 1''08'9程度。このレベルになると水準に
 達してない馬の方が少ない。
 
・レベルの異なる馬
 問題は7番ミスエルテ
 朝日杯では1番人気に推された逸材だが低迷。
 本来はこのクラスに出る馬ではないけど、
 もう走る気がないのかもしれない。
 5番ロイヤルメジャーも現級勝ち経験あり。
 
・逃げ馬、ペース
 12頭立ての割には逃げ馬多彩。
 ペースは速くなりそう。
 
・有力馬
 昨年7月に同条件でも凡走。
 8か月ぶりの出走となるが、立て直すことが
 出来たかどうか。怪しい気がする。
 
 9番ユアスイスイ
 逃げて強しだが、同型馬が多いのが難点。
 
△4番シュエットヌーベル
 前にも行けるが、切れる脚をもってるので
 デムーロJが差し競馬を選択すればあるいは。
 
・その他注目馬
△10番トンボイ
 前に行くタイプのなかでは若干控えて競馬が
 出来るので、前が失速すれば漁夫の利を
 得そうな気がする。
△6番ミトノアミーゴ
△8番スペードクイーン
△12番オフクヒメ
 それぞれ差せる馬なので。
 
・馬券
 馬連box 4,6,8,10,12
 
 

中山10R 千葉SH・ダOP

・必要な持ち時計
 1''10'6程度。この水準で競馬ができるのは
 2番タテヤマ、4番クイーンズテソーロ、
 7番ベストマッチョ、11番ブルミラコロあたり。
 
・レベルの異なる馬
 16番ウインオスカーは昨年の同レース覇者、
 13番ナンチンノンは大和S、一昨年の同レース勝ち
 11番ブルミラコロは室町S勝ち
 7番ベストマッチョはジャニュアリーS勝ち
 15番シュウジは芝G2(阪神カップ)勝ち
 と役者は多彩。
 
・逃げ馬、ペース
 逃げるのは6番ハヤブサマカオー、
 8番メイショウワダイコ、
 13番ナンチンノンあたりなのだが、
 ハヤブサマカオーとナンチンノンは前走でも
 競ってペースを上げたので、その再現も。
 
・有力馬
◎4番クイーンズテソーロ
 前走は差し決まる展開で先行勢では最先着(4着)。
 初オープンだったが強さは確認できた。
 問題はそのペースを作った馬が今回もいる点だが、
 巻き込まれず競馬してほしい。
 
△2番タテヤマ
 前走はペースが速すぎて先行勢には厳しかった。
 今回もペースは速そうだが、カペラS
 コンマ2秒差の4着の実力は見限れず。
 
 15番シュウジ
 初ダート。G2勝ちは光るけれど、
 このクラスになると芝>ダという関係でもないので、
 大きく期待するのは難しい。
 
・その他注目馬
▲16番ウインオスカー
 叩き2走目で注目。昨年の覇者が55kgなのも魅力。
 
・馬券
 馬単4→1,2,3,7,11,16
 馬連box2,3,4,16
 
 

3/16予想(阪神6R、中山7R、阪神10R)

本日の注目は阪神10RなにわS。
秋以降、目を引いた短距離馬が一同に激突するので
楽しみなレースです。ヒロシゲゴールド、
テーオージーニアス、ロードエース、
セパヌイールなんかもいいですね。
ただ、馬券的には悩ましい。
他のレースに散らばってくれれば、
それぞれ迷うことなく軸にしたところですが・・・
と、考えていると本日の最初のレースが発走してしまうので
ひとまず、阪神6Rの予想をアップします。
 (13:45に追記しました)

阪神6R 3歳芝500万 

・必要な持ち時計
 1''09'7前後。この水準を満たす馬は
 4番ロードワンダー、7番セプタリアン。
 8番メイショウオニテまで入れてよいかどうか。
 
・レベルの異なる馬
 重賞出走馬もいるけれどこの時期は1勝馬でも
 出られるので。全体的に差はなさそう。
 
・逃げ馬、ペース
 どの馬でも行く可能性はある。
 ただし少頭数だから早くはならない。
 
・有力馬
〇8番メイショウオニテ
 前走かささぎ賞は差し決着だったから、
 前につけてたこの馬にとっては厳しい展開だったか。
 今回はそれほど速くならないだろうから
 期待できそう。
 
△7番セプタリアン
 未勝利勝ちの時計が重馬場ながら1''09'3。
 十分な水準だが、額面どおり受けとるべきかどうか。
 前走も出遅れ気味だったし、メイショウオニテにも
 後れを取っている。様子見。
 
△3番タガノカルラ
 前走3着で連闘。やる気は感じる。
 追えば伸びるみたいだが初1200mがどう出るか。
 
・その他注目馬
◎4番ロードワンダー
 前走はマーガレットSを逃げて6頭中の5着。
 しかし勝ち馬は短距離では世代最強と思われる
 ディアンドルだったし、ラップ推移は6頭立て
 とは思えない緊張感のあるものだった。
 ここでも逃げれば、そのまま行ききる可能性も。
 
△9番プルベアオーロ
 差しで好走。展開が向けば。
 
・馬券
 単複4、馬連box4,8,9

 

中山7R 3歳ダ500万

必要な持ち時計は1''12'1程度。

この水準にあるのは4番、15番、16番。
1番の力が抜けてる可能性もあるが、
ひとまず広く網をかけていく。
馬連box 1,4,8,9,10,15,16

 

 

阪神10R なにわS ダ1600万

前走逃げ切り勝ちの15番ヒロシゲゴールドに
注目が集まる。まだまだ前進が見込めそう。
しかし13番テーオージーニアスもモノが違うはず。
もしかしたら逆転までありうる。
3連単15→13→1,4,6,7,9,10,11,12,14
15→1,4,6,7,9,10,11,12,14→13
馬単13→1,4,6,7,9,10,11,12,14

番外編
中京11R ファルコンS 3歳G3

1400m、もしくはマイルから距離短縮で
挑んできている馬が人気しているが、
1200m専科としては、ここは前走1200m戦に
出た馬から入りたい。それは14番イッツクール。
前走マーガレットSでは2着。負けた相手が
悪かっただけで(ディアンドル)、
この馬も良い走りだった。
相手は1400~1600m組から10番ヴァッシュモン。
馬連ワイド10-14、複14

 

3/9-10の復習

先週は1200m戦を予想しつつも、
1200mで強い競馬をしていた馬が1400mに
何頭も出ていたので、そちらで勝負してまして・・・
特に日曜日の中京10R・昇竜S。
モンペルデュ、タイミングナウに注目するも
惨敗で残念な結果に。ただ、その2頭とも
まだ追いかける価値はある気がしますけどね。
それでは先週の復習です。
 

3/9(土)

中山6R

1着は13番人気の2番ホープフルサイン。
直線で後方から一気の差し切り勝ち。
未勝利勝ちは浦和、しかも今回は初芝となると
馬柱を見る限り買える要素はまるでないのだが、
地方競馬遠征後に覚醒する馬は稀にいることは確か。
 
2着は14番キタイ。直線一旦は抜け出して
セーフティーリードかと思われたが惜しくも差される。
前2走、1600mで使ったが結果が出ず1200mに出戻り。
レベルが高かったと思われるカンナSで3着だったから
自己条件ならこのくらいはやれるということだろう。
 
一方、1番人気の10番ヴォイスオブジョイは3着。
追い込み脚質だとどうしても取りこぼしが出る。
ゲート難が解消されれば楽に勝てそうなのだが。
このレースでの馬券的な正解があったとすれば、
キタイを連軸にすることだったか。

 

阪神7R

レースラップを見ると4F目の加速が目を引く。
これは12番アユツリオヤジが
捲り気味に仕掛けたもの。
直線先頭で押し切るかと思ったが、粘り切れず。
結果的に先行勢を道連れにして失速した形となり、
2番手集団の馬で決着。
 
1着となったソリストサンダーはまだ7戦目。
上がりタイムは4番目だが比較的前で競馬が
できるのは武器になる。
 
一方、1番人気の8番クリノサンレオは3着。
キレない分だけ勝ち切れない。
とはいえ先行勢に加わってたら失速必至だったので
ここは幸Jが上手く乗ったというべきだろう。

 

中山8R

1番シスルと2番サイドストリートが先団を形成。
前半を緩く抑え、直線に向いた5F目に加速して
後続を突き放し、そのままゴールに駆け込むかと
思ったが、惜しくもG板前で後続に差された。
なかなかのペース配分だったが、微妙に足りなかった。
5番プロミネンスは差して1着。
5F目の加速についていけない先行馬が失速するのを
後目に差し届いた感じか。

 

中山9R

中山8Rと同様に、前半抑え気味に逃げ、
直線向いた5F目に加速して突き放している。
こちらは逃げた13番ラッシュアウトと
10番シャドウノエルはそのまま残った。
6番ビリーバーも2番タイセイブレークも
しっかり脚は使ってるが届かず。
前週の降雨で馬場が痛んで外差しが決まるかと
思ったが、しっかり整備されていたようだ。

 
 

3/10(日)

阪神6R

5番アヴァンティストの逃げ切り勝ち。
前半の緩さが効いたか、少数頭レースならではの結果。
4番メイショウモルサが逃げる想定だったが
スタートで後手を踏み、前をカットされて
ハナを取り切れなかった。その結果、
スタート後に脚を使ってしまったのか、
一番外を回らされたためか、直線伸びず。
 

 

中京7R

13番アサケパワーの逃げ切り勝ち。
降雨で脚抜きのよい馬場となり、
追い込み勢がよい脚使ったけれどしのぎ切った。
スタートも良いし、上でも活躍しそう。
2着は6番アストロノーティカ
差し脚は確実。あとは展開が向くかどうかだけ。
 

 

中山7R

5F目に加速して15番ノボベイビーが一旦は
先頭に立つも、2番手集団からアストロローグが
抜け出して1着。前で競馬が出来るのは確実性がある。
2着は3か月に1度のローテで使われてる
16番サトノユニゾン。順調に使えるようになれば
このクラスもすぐ突破しそう。ノボベイビーも
ローカルでなら十分馬券になりそう。

 

阪神12R

ここでは10番バーニングペスカが力上位と
睨んだけれど、実際には15番メイショウアリソンの
方が上だった。
バーニングペスカは休明けで割引くべきだったか。
2着は16番デザートストーム。
前走は1000m勝ちだったから軽視していた。
しかし1000mらしからぬ一気差しだったから、
脚抜きが良いここならもっと走るはず、と
見込むべきだった。

 

中山12R

前で競馬していた2頭がすっと抜け出して1・2着。
両馬とも前走上手い競馬をしていたから、
結果論でいえばこれは順当な決着。
直線半ばまで2番手追走していた
15番シルヴァーコードは逆噴射のごとく後退し14着。
ちょっと接触したようにも見えたが・・・いつか
穴開けそうな気もする。